脳梗塞

 脳梗塞には3つの型があります。専門的には、アテローム血栓性脳梗塞ラクナ梗塞心原性脳塞栓と言われています。

アテローム血栓性脳梗塞とは、脳の動脈硬化が原因で起こる脳梗塞のことです。アテロームとは日本語に訳すと「粥腫」と言い、動脈硬化で見られる動脈の壁内に脂質などがお粥状にたまった固まりのことです。この粥腫は壊れやすく、壊れると内部に血の塊(血栓)を作り動脈を詰めたり、できた血栓がはがれて流れていき、その先の動脈を詰めたりすることによって脳梗塞が起こります。
アテローム血栓性脳梗塞

ラクナ梗塞とは、脳内の細い動脈が詰まって起こる脳梗塞のことです。このような細い動脈(穿通枝)は血圧の影響を受けやすく、高血圧患者さんでは詰まりやすくなります。ラクナとは日本語に訳すと「小窩」すなわち小さな空洞のことです。細い動脈が詰まると小さな(1.5cm以下)脳梗塞となります。

心原性脳塞栓とは、心臓の中にできた血栓がはがれて飛んでいき、脳の動脈を詰めて起こる脳梗塞のことです。心臓の中には、いろいろな病気で血栓ができることがあり、この血栓が大動脈を経由して、脳動脈を詰めてしまい、脳梗塞を起こします。

ページの先頭へ