脳卒中はどのようにして起こるのでしょうか?

 脳卒中は大きく分類すると、脳梗塞脳出血くも膜下出血に分けられます。これらを総称して、脳卒中あるいは脳血管障害と言います。
 
脳梗塞は、脳に血液を供給する動脈がつまって起こります。動脈がつまると、血液中の酸素、ブドウ糖などのエネルギー源が脳に届かなくなり、脳神経が壊死してしまい脳梗塞を起こします。どの動脈がどのようにつまったかによって、症状は大きく異なります。



脳出血は、高血圧などにより傷んだ脳の中を走る細い動脈が破れることにより起こります。このような動脈が破れると脳の中に血液を噴き出し、血液の固まり(血腫)を作り、脳を傷害し症状を起こします。破れた場所や血液の量によって症状は異なります。


くも膜下出血は、大部分が脳の動脈にできたコブ(脳動脈瘤)が破裂することで起こります。脳動脈は脳とその外側にあるくも膜という薄い膜の間(くも膜下腔)に走っており、動脈瘤が破裂するとこのくも膜下腔に血液を吹きだすこととなります。吹き出した血液の場所や量により即死に近い状態から後遺症のない状態まで様々です。

ページの先頭へ