白衣高血圧

 一般的には、診察室での血圧は高くなることが多いと思います。しかしながら、自宅では正常で診察室のみで血圧が高い患者さんがいます。複数回測定した診察室血圧の平均が140/90mmHgであるにもかかわらず、家庭での昼間血圧の平均が135/85mmHg未満の状態を白衣高血圧と言います。診察室血圧が140/90mmHg以上の高血圧と診断された患者さんの15-30%がこれに相当し、高齢者でその頻度が増加します。

ページの先頭へ