糖尿病

 糖尿病とは、慢性の高血糖状態を示す病気です。
インスリンという、血糖を下げるホルモンの作用が低下することで起こります。インスリンは膵臓から分泌されますが、インスリンの分泌が悪くなった人や、インスリンが効きにくい状態(インスリン抵抗性と言います)の人に起こります。もともとの体質的なものに加えて、食事をたくさん食べる、運動が不足する、体重が太る、ストレスがかかるなどの影響で血糖は上がり、糖尿病となります。
 血糖が高い状態が続くと、のどが渇く、尿がたくさん出る、体重が減る、疲れやすいなどの症状が出ます。高い血糖が長く続くと、網膜、腎臓の細い血管が傷み、神経の障害を起こし、いわゆる糖尿病性合併症を起こします。また、動脈硬化を引き起こし、脳卒中の原因となります。

ページの先頭へ