脳卒中と遺伝について

 病気が起こる原因にはいろいろとあります。まず第一に、生活習慣が挙げられます。これは、体に悪い食生活や運動不足、タバコをたくさん吸う、酒をたくさん飲むなどの生活習慣による原因です。次に、遺伝があります。これは生まれつき受け継いだ体質のことです。さらに、外部の環境、例えば、細菌やウイルスなどの病原体、毒物などの有害な物質、事故などが挙げられます。これらが合わさって病気は起こります。

 では、脳卒中はどうでしょうか?
脳卒中は遺伝が原因で起こる病気ではありません。しかし、脳卒中の原因となる高血圧糖尿病脂質異常症などの危険因子は、遺伝と生活習慣の両方が関係しています。つまり、家系にこのような病気を持っている人が、悪い生活習慣を続けていると脳卒中は起こりやすくなると言えます。

ページの先頭へ