低血糖の対応

 糖尿病患者さんで、血糖降下薬の内服やインスリン注射をしたにもかかわらず食事が摂れなかったり、激しい運動をしたり、内服薬の量が多かったりした場合に血糖が低くなりすぎることがあります。低血糖は重度となると痙攣や意識障害を起こし、後遺症を残したり、命にかかわることもあり、十分な注意が必要です。糖尿病患者さんで薬による治療を受けておられる方は、低血糖症状(発汗、手指の震え、動悸、空腹感、意識障害など)についてよく知っておき、低血糖症状が出現した際の対応を主治医に確認しておいてください。低血糖時にはグラニュー糖やジュースの摂取や、αGI(α-グルコシダーゼ阻害剤)内服患者さんではブドウ糖の摂取をします。

ページの先頭へ