薬剤飲み合わせで注意が必要な食品

 薬剤の中には食品との相互作用によってその作用が変わってしまうものがあるため、特定の食品を控える必要のある薬剤があります。
 例えば、ワーファリンという血液凝固阻止剤を服用する際には、ビタミンKを豊富に含んだ食品(納豆、クロレラ、ブロッコリー、ホウレンソウなどの緑色野菜)は、薬剤の作用に拮抗(阻害)し効果を減らしてしまうため食事に注意する必要があります。特に納豆、クロレラ食品は拮抗作用が強いので、ワーファリン服用中は摂取しない方がよいでしょう。アスピリンなどの抗血栓薬にはこのようなビタミンKを含む食品との相互作用はありません。血圧降下剤であるCa拮抗薬は、グレープフルーツジュースにより薬の作用が強くなり、降圧効果が強くなりすぎることがありますので、この組み合わせも注意が必要です。
 このように、薬との飲み合わせで注意が必要な食品は他にも数多く存在しますし、食品の摂取のし方は患者さんの状態や程度にもよっても変わります。飲み合わせを避けるのが難しい場合や気になる場合は、まず主治医に相談するようにしましょう。

ページの先頭へ