脳卒中患者さんにおける生活習慣

 脳卒中危険因子は悪い生活習慣を基礎に起こります。脳卒中後の日常生活では、恐れすぎず、甘く見すぎず、どのような注意をすれば良いのか、正しく理解することが大切です。患者さん本人はもとより、介護者、家族も一緒に理解して、悪い生活習慣は変えていく必要があります。ただし、脳卒中を起こす患者さんは高齢者が多く、長い間慣れ親しんだ生活習慣を変えることは簡単ではありません。また生活習慣を変えたとしても、それを継続するには大変な努力が要ります。周囲のサポートが不可欠です。

ページの先頭へ