便秘の予防

 便秘はなるべくしないように心がけましょう。便秘をするとトイレでいきむこととなり、いきんだ時には血圧、脈拍がかなり上がって、心血管に対する負担も大きくなります。便秘をしないためには、水分を十分取ること、繊維を多く取り便の量を増やすように注意します。朝食前に水、牛乳などを飲み、トイレに行く習慣をつけておくと良いと思います。

ページの先頭へ