リハビリテーション

リハビリテーション 脳卒中が起きた後は、できるだけ早くからリハビリテーションに前向きに取り組むのが回復への近道です。リハビリテーションによる刺激と訓練により、脳の回復は起こりやすいと考えられています。通常6ヶ月以内までは症状が回復することがありますので、根気よく続けることが大切です。また、その後でも訓練をしないことで筋力は落ちてしまい、関節は拘縮してしまいますので、日常生活で不十分な場合には考えると良いでしょう。ただし、無理な負荷をかけると関節や筋を傷める可能性があり、注意が必要です。障害を受け入れながら生活する上で、日常生活動作、生活の質が最も良くなるように回復期、維持期のリハビリテーションを行います。

ページの先頭へ