脳出血

 脳出血は脳の中に走っている細い動脈が破れ、脳内に血液が噴き出すことで起こります。高血圧があると圧力を受けやすい細い動脈は長い間に傷害を受け、血圧が高い状態の時に破れてしまいます。脳内の血液の固まり(血腫)とその周囲の腫れにより脳が傷害を受けます。
脳出血

ページの先頭へ