脳卒中の前触れ 一過性脳虚血発作(TIA)について

 脳の血流が途絶え、脳神経症状が出現してから、24時間以内に症状が完全に消失してしまう発作を、一過性脳虚血発作(TIA)と言います。多くは15分程度で、長くても24時間以内で症状が消えてしまいます。脳の動脈に詰まった血栓が、身体に備わった血栓を溶かす作用で自然に溶けてしまい、脳に再び血液が流れ出すために起こる症状とされています。
 この一過性の症状は脳梗塞の前兆であることが多く、重大な脳梗塞症状が起こる前触れの可能性があります。もし一過性脳虚血発作(TIA)と診断されたら、すぐに専門医の検査を受けて必要な診断、治療を受けるようにしてください。

ページの先頭へ